第1条 はじめに

  1. この有料サービス利用規約(以下「有料サービス利用規約」といいます)は、パパラッチ運営事務局(以下「事務局」といいます)が本サイト上で提供する有料のサービスを、ユーザーが利用する際の一切の行為に適用します。
  2. 有料サービス利用規約は、本サービスの利用条件を定めるものです。ユーザーは、パパラッチ利用規約(以下「利用規約」といいます)及び有料サービス利用規約に従い本サービスを利用するものとします。
  3. ユーザーは、本サービスを利用することにより、利用規約及び有料サービス利用規約の全ての記載内容について同意したものとみなされます。

第2条 定義

有料サービス利用規約において使用する用語の意義は、次の各号に定めるとおりとします。

  1. 本サイトとは、事務局が運営する「パパラッチ」と称するサイトをいいます。
  2. 本サービスとは、事務局が本サイト上に提供する有料のサービスをいいます。
  3. ユーザーとは、本サービスを利用する者をいいます。
  4. 商品等とは、本サイト上において販売される商品及びサービスをいいます。
  5. 商品等販売者とは、本サイト上において商品等を販売する者(事務局を含みます)をいいます。
  6. 利用料金とは、等ユーザーが本サービスを利用し、又は商品等販売者から商品等を購入したことによって生じた商品等販売者に対する債務をいいます。
  7. 決済手段とは、利用料金等の支払方法をいいます。
  8. パパラッチ有料サービスとは、本サイト上で成立した商品等販売者とユーザーとの間の取引の代金決済の方法であって、ユーザーが登録した決済手段の情報を用いることにより、アプリケーション上で代金決済を行えるようにするサービスをいいます。

第3条 有料サービス利用規約の変更

事務局は、事務局の判断により、有料サービス利用規約をいつでも任意の理由で変更することができます。変更後の有料サービス利用規約は、事務局が別途定める場合を除いて、本サイト上に表示した時点より効力を生じるものとします。ユーザーが、有料サービス利用規約の変更の効力が生じた後、本サービスをご利用になる場合は、変更後の有料サービス利用規約に同意したものとみなされます。

第4条 利用資格

本サービスの利用は、事務局が指定する決済方法で決済できる方に限るものとします。

第5条 ユーザーの責任

ユーザーは、ユーザー自身の自己責任において本サービスを利用するものとし、本サービスを利用してなされた一切の行為及びその結果について一切の責任を負います。

第6条 パスワード及び決済手段の管理

  1. ユーザーは、パパラッチ有料サービスに登録した銀行口座その他の情報が自己の管理に属さなくなったときには、自己の管理に属する使用可能な別の情報を改めて登録しなければならないものとします。
  2. ユーザーは、パパラッチ有料サービスに登録した情報の内容が変更されたときには、正確な情報を改めて登録しなければならないものとします。
  3. ユーザーのパパラッチ有料サービスや決済が第三者に利用され、又はパパラッチ有料サービスに登録された情報の内容が不正確であったことによってユーザーに生じた損害等につきましては、事務局に故意又は重過失がある場合を除き、事務局はいかなる責任も負いません。

第7条 サービスの変更等

事務局は、事務局の都合により、本サービスをいつでも任意の理由で追加、変更、中断、終了することができます。

第8条 利用料金等

  1. 本サービスの利用料金等は、月額100円とし、販売手数料は40%とします。ただし、個別の利用規約等に定めがある場合を除きます。
  2. 前項の利用料金等は、パパラッチ有料サービスを通じて決済するものとします。
  3. 事務局は、パパラッチ有料サービスによって行われた代金決済についての領収書等は発行いたしません。

第9条 決済手段

  1. ユーザーは、自己の管理に属する有効な当該決済手段によって利用料金等を支払うものとします。
  2. 決済手段がクレジットカードによる場合、利用料金等は当該クレジット会社の会員規約において定められた振替日にユーザー指定の口座から引き落とされるものとします。

第10条 ユーザーによるテキスト・画像・動画等の販売、売上について

  1. ユーザーは、テキスト・画像・動画等をサービスを利用して販売することができるものとします。
  2. ユーザーは、テキスト・画像・動画等をサービスを利用して販売した場合、事務局に対して、その販売代金を、テキスト・画像・動画等を購入したユーザー(以下、「購入ユーザー」といいます)から受領する権限を与えるものとします。但し、事務局は、弁護士法その他法令に違反しない限度においてのみ、売買代金の受領を行なうものとします。
  3. ユーザーは、前項に基づいて事務局が購入ユーザーから販売代金を受領したときは、その販売代金に事務局が定める料率を乗じた金額を、サービスの利用料金として、事務局に支払うものとします。
  4. 事務局は、条第2項に基づいて、事務局が購入ユーザーから売買代金を受領した場合、販売代金からサービスの利用料金を除いた金額(当該金額に1円未満の端数があるときはその端数を切り捨てた金額)を、当該ユーザーが指定する銀行口座に振り込むものとし、この振込をもって事務局はユーザーに販売代金を引き渡したものとみなします。なお、振込手数料はユーザーの負担とします。
  5. 事務局は、毎月末に、前項に定める計算方法によりユーザーが指定する銀行口座に振り込む金額を算出し、算出した金額(以下「振込金額」といいます)を翌々月の末日までに振り込むものとします。ただし、振込金額が3,000円に満たない場合は当該金額が3,000円に達するまで振り込みを繰り越すことができるものとします。
  6. ユーザーがサービスの利用契約を解約した場合で、かつサービスの解約時までに未払いの販売代金額が3,000円に満たない場合には、事務局はユーザーに対し販売代金を振り込まないものとします。この場合、ユーザーは、利用料金を支払う必要はありません。
  7. 購入ユーザーからの問合せ、クレーム、トラブル等があった場合、事務局はそのテキスト・画像・動画等を販売したユーザーに対する振込金額の振込を停止することができるものとします。

第11条 ユーザーによるテキスト・画像・動画等の購入、代金の支払

  1. ユーザーは、事務局の定める方法に従って、サービスにおいて販売されるテキスト・画像・動画等を購入することができるものとします。
  2. ユーザーと決済会社(決済方法がクレジットカードの場合、クレジットカード会社)との間で代金その他の債務等に関し紛争が発生した場合は、当該当事者間で紛争の解決をするものとし、事務局は一切の責任を負わないものとします。

第12条 ユーザーによる解約

ユーザーが本サービスの利用を停止する場合は、事務局所定の方法で解約を申し出るものとします。事務局は、利用料金等の払戻し等には一切応じないものとします。

第13条 利用停止

  1. パパラッチ有料サービスに決済手段として登録された決済方法の利用が停止されたと事務局が認めた場合には、事務局は、当該ユーザーに通知することなく、提供中の全ての有料サービスの利用を停止することができるものとします。
  2. ユーザーが、利用規約又は有料サービス利用規約に反する行為をしたと事務局が認めた場合には、事務局は、当該ユーザーに通知することなく、提供中の全ての有料サービスの利用を停止することができるものとします。
  3. 前各項に定める場合には、利用停止の対応を行った月までの利用料金等が発生するものとします。

第14条 責任の制限

事務局の故意又は重過失により、ユーザーが本サービスを一切利用できない状態が生じた場合には、事務局は、当該ユーザーにおいて当該状態が発生したことを知った時から起算して24時間以上利用不能の状態が継続した場合に限り、当該状態が生じた月に発生する月額サービス料金の合計額の30分の1に、利用不能の日数を乗じた額(円未満は切り捨てるものとします。)を限度として、当該ユーザーに発生した現実の損害の賠償請求に応じるものとします。ただし、次に掲げる場合は、事務局は賠償責任を負わないものとします。

  1. 天災地変等事務局の責に帰さない事由により生じた損害。
  2. 事務局の予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害。
  3. サーバーのメンテナンスなどサービスの提供にあたって必要不可欠な行為によって生じた損害。

第15条 免責

  1. 事務局は、本サービスの内容の追加、変更、又は本サービスの中断、終了によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。アクセス過多、その他予期せぬ要因で表示速度の低下や障害等が生じた場合も同様とします。
  2. ユーザーは、商品等販売者との間に紛争が発生した場合には、自己の責任と費用において解決するものとします。
  3. 前項において事務局に何らかの損害が生じた場合には、事務局はその損害の賠償をユーザーに求めることができるものとします。

第16条 債権譲渡

事務局は、その債権を第三者に譲渡できるものとし、ユーザーは、そのためにユーザーの個人情報等が当該第三者に提供されることに同意するものとします。

第17条 準拠法及び管轄裁判所

  1. 利用規約及び有料サービス利用規約の準拠法は、日本法とします。
  2. ユーザーと事務局の間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則

利用規約は、2010年08月10日制定及び実施するものとします。

  1. 2011年11月09日 改定
  2. 2012年05月21日 改定