はじめに

  1. ポイントとはパパラッチ運営事務局(以下「事務局」といいます)が運営するパパラッチ(以下「本サイト」といいます。)のユーザーに付与・購入されるもので、コンテンツと交換することができる事務局が発行するポイントです。
  2. ポイントに関するサービスについてはポイントガイドライン(以下「本ガイドライン」といいます。)に同意の上ご利用ください。本ガイドラインとその他の利用規約等の内容が矛盾する場合には、ポイント(以下「ポイント」といいます。)に関しては本ガイドラインが優先して適用されるものとします。
  3. なお、事務局は、事務局の判断により、本ガイドラインをいつでも任意の理由で変更することができます。変更後の本ガイドラインは、事務局が別途定める場合を除いて、本サイト上に表示した後に初めてユーザーがポイントに関するサービスを利用した時点より効力を生じるものとします。

第1条 ポイントの取得

  1. 本サイトに登録しているユーザーのみポイントを取得することができます。
  2. 購入したポイントは購入日またはポイントを最後に使用した日より90日経過すると自動的に消滅するものとします。
  3. ポイントを購入するユーザーが未成年(20歳未満)の場合は、保護者または親権者が同意の上、購入するものとします。
  4. 本サイトを退会または個人情報を削除すると残っているポイントは消滅します。
  5. ポイントの取得に関する決済方法については、事務局が別に定める方法によるものとします。

第2条 ポイントの使用

  1. ポイントは事務局所定の方法で使用することができます。
  2. 交換するコンテンツの必要ポイントはそれぞれ別に定めるものとします。
  3. 事務局は、法律で定める場合を除き、いかなる理由であってもポイントの払い戻し等は一切行わないものとします。
  4. ポイントを換金することまたはコンテンツ以外の財・サービスに交換することはできません。
  5. ポイントに関するサービスを利用できるのは日本国内からに限るものとします。

第3条 ポイント交換

  1. ユーザーは、保有するポイントを当社所定の手数料とレートにおいて、交換することができます。ただし、会員が1回に交換できるポイントは、3,000ポイントから最大1,000,000ポイントまでとします。
  2. ポイントの交換レートは、当社の取り決めによって決定されるものとします。なお、この交換レートは、事情により事前の通知無しに変更されることがあります。

第4条 利用停止

  1. ユーザーが支払いを支払期日より遅延したと事務局が認めた場合には、事務局は、当該ユーザーに通知することなく、提供中の全てのサービスの利用を停止することができるものとします。
  2. ユーザーが、本ガイドラインを含む事務局が定めるその他の利用規約等に反する行為をしたと事務局が認めた場合には、事務局は、当該ユーザーに通知することなく、提供中の全てのサービスの利用を停止することができるものとします。

第5条 ユーザーの責任

  1. ユーザーは、ユーザー自身の自己責任においてポイントを使用するものとし、ポイントについてなされた一切の行為およびその結果について一切の責任を負います。
  2. ユーザーが未成年(20歳未満)の場合は、保護者または親権者が同意の上、ポイントを取得・使用するものとします。
  3. 事務局は、ユーザーに対して新サービスの告知、広告配信、サービス運営上の事務連絡、その他情報の提供を行います。ただし、ユーザーが情報の提供を希望しない旨を、事前または事後に事務局に通知した場合は、ポイントに関するサービスに必要な場合を除いて、情報の提供を行わないものとします。

第6条 コンテンツに関する権利

  1. コンテンツおよびポイントに関して生ずる著作権等を含む一切の権利は、事務局もしくはコンテンツの提供者または第三者に帰属します。
  2. 事務局が提供するコンテンツには別途定める場合を除き再ダウンロード期間を定めるものとします。その期間内であれば、ポイントを使わずに再ダウンロードすることができます。期間経過後は再ダウンロードすることはできなくなります。なお、期間内であれば、回数を問わずダウンロードできるものとします。
  3. 前項の再ダウンロード期間は、コンテンツごとに別に定めるものとします。
  4. コンテンツの提供者または第三者が提供するコンテンツについては、当該提供者が定める条件に従うものとします。

第7条 ポイントに関するサービスの変更等

事務局は、事務局の都合により、ポイントに関するサービスをいつでも任意の理由で追加、変更、中断、終了することができるものとします。

第8条 禁止行為

ユーザーは、ポイントに関するサービスの利用にあたり、次に掲げる行為を行ってはならないものとします。

  1. ポイントに関するサービスの内容を事務局に無断で転載・複製・修正・蓄積または転送する行為。
  2. 事務局、他のユーザーおよび第三者の権利を侵害するまたはそのおそれがあるような行為。
  3. 犯罪的行為、もしくは犯罪的行為に結びつく行為、または公序良俗に反する行為、もしくはそのおそれのある行為。
  4. 虚偽の情報を提供したり、不正な目的で利用したりする行為。
  5. 本ガイドラインまたは事務局が定めるその他の利用規約等に違反すると事務局が判断する行為。
  6. ポイントに関するサービスの運営を妨げる行為、または誹謗する行為。
  7. 保有するポイントを会員間で共有、合算、贈与、賃貸、質入れおよび譲渡することはできません。
  8. ユーザーが未成年(20歳未満)の場合、保護者または親権者の同意を得ずにポイントを取得・使用する行為。
  9. その他、法令に違反するおそれのある行為。

第9条 責任の制限

ポイントに関するサービスの利用にあたり事務局の責に帰する事由によりユーザーが損害を被った場合には、事務局は、当該ポイントの価格に相当する金額を上限として、当該損害を賠償するものとします。ただし、事務局の故意または重過失に基づく場合は、この限りではありません。

第10条 免責

  1. 事務局は、ポイントに関するサービスの内容の追加、変更またはコンテンツのバグ、不具合およびサービスの中断、終了によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。アクセス過多、その他予期せぬ要因で表示速度の低下や障害等が生じた場合も同様とします。
  2. 事務局は、ポイントに関して提供されるコンテンツの合法性、道徳性、信頼性、正確性について責任を負いません。
  3. 事務局は、本ガイドラインまたは事務局が定めるその他の利用規約等に違反する行為またはそのおそれのある行為が行われたと信じるに足りる相当な理由があると判断した場合には、当該行為を行ったユーザーの利用停止処分等の事務局が必要と考える措置をとる場合がありますが、それによって生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。

第11条 準拠法および管轄裁判所

  1. 本ガイドラインの準拠法は、日本法とします。
  2. ポイントに関するサービスまたは本ガイドラインに関してユーザーとの間で疑義または争いが生じた場合には、誠意をもって協議することとしますが、それでもなお解決しない場合には、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則

ポイントガイドラインは、2010年08月10日制定及び実施するものとします。

  1. 2012年11月09日 改定